tuttycafeについて

穀物菜食という『こだわり』を手放しました

tuttycafeは、穀物菜食(ビーガン)の料理を提供するカフェとして、2008年4月に誕生しました。

その後、結婚や出産などを経験しました。ただいま2人のわんぱく男子の母親です。健康に元気にすくすく育ってくれていますが、ここに至るまでの道のりは険しいものでした。

重度の花粉症だった私が薬をやめ、穀物菜食になったことで花粉症の症状がなくなった経験から「穀物菜食なら病気になるはずがない」という強い思いのもと、自信を持って出産、育児を始めました。しかし、こだわればこだわるほど、子どもたちの体に変化が現れます。

2人ほぼ同時に原因不明の皮膚のかゆみ。24時間かゆみに襲われ、掻いて血だらけ、夜も眠れないという日々が2年ほど続きました。どの病院でも「アトピー」と言われましたが納得できませんでした。なぜなら、『穀物菜食の子供がアトピーになるはずがない』と決めつけていたからです。

この頃からtuttycafeの通常営業ができなくなり、予約制で営業したものの、実際予約を受けられるのはごくわずかでした。

何かがおかしいと色々調べたり、話を聞いたり、相談していくなかで「栄養が足りないのでは?」という疑問も出てきました。また子どもたちが「お肉が食べたい。お魚が食べたい」と言い出したのもこの頃です。

その後、良いお医者さんと出会い、子どもたちの湿疹の原因がわかり、あっという間に綺麗な皮膚に生まれ変わりました。

情報があふれた時代、何が良くて悪いのか、という観点で語られることが多いように思います。私もその1人でした。しかし、食べるということは『命をいただくということ』。頭で考えていただくものではないんですね。だから元気に生きた食材を感謝していただく。『穀物菜食だから◯◯」というこだわりは手放しました。

2018年1月よりtuttycafeは営業を再開しています。メニューは肉、魚、ビーガンの3メニューを提供しています。誰もが「おいしいね!」と笑顔になれる場になりますように。

これからも子どもたちの成長に合わせて変化していくと思いますが、温かく見守っていただけると嬉しいです。